シネフィルsobax

~何を見たか忘れてしまうので見た映画を個人的な感想で記録していくブログ~

ブロークン・アロー

3.6/5

ジョン・トラボルタの演技やキャラはフェイスオフっぽかった。

敵のマックスがアイアンマンでインセン役で出ていたショーン・トーブ。

アイアンマンではテロリストに攫われてたのに、昔はテロリストだったんだな…。

国防長官がロボコップで敵役だったカートウッド・スミス

この人はランボー3でも暴走特急でもそこそこの階級の敵じゃない役をやってるけど、

ロボコップの時に残虐過ぎてもう悪役はやりたくなかったのかな?

この映画、のっけからいい意味で展開が早い。

バディ物かと思ったらS.W.A.T.的な展開だった。

何かあった時の「どうしようどうしよう感」はまったく無く、

台本通りABCD...みたいな勢いで進んでいく。

悪役の作戦がことごとくうまくいかないところが面白い。

燃焼物とか核がある方に向けて無暗に撃ちまくる。プロという名の素人集団。

最後、ふっとばされていくトラボルタ人形がまたいい味出てる。

20ドル札がそんなにうまいこと落ちてるか。

滅茶苦茶だけどやっぱりこういうのが好き。

この時代の「(敵の)野望はでっかく、規模(州内か州跨ぐ程度で映画が終わる)は小さく」

みたいな感じのアクション映画が好きだ。

毎週こんな映画が見れていた時代が懐かしいよ。