シネフィルsobax

~何を見たか忘れてしまうので見た映画を個人的な感想で記録していくブログ~

ジェクシー! スマホを変えただけなのに

2.3/5

下ネタの表現がストレートで面白味に欠けるし、連発してくるからすんごいダレる。

面白かったのはマイケル・ペーニャが「気持ち悪いもの送ってくるな」といいつつ、

主人公の画像をじーっと見ながら去っていくところかな。

吹替えの声優があってるかどうかは置いておいて、

豪華声優陣で演技自体は安心だろうと思って観たけど字幕で観た方が面白かったのかなー?

 


www.youtube.com

ジュマンジ / ネクスト・レベル

3.6/5

前作の記憶なく、何となく観たけど思った以上に面白かった。

おじいちゃん連中が豪華俳優だなー。

ダニー・グローヴァーはちょくちょく観てるから変化に対して驚きは無いけど

ダニー・デヴィートなんかは久々過ぎて全然分からなかったな。

アレックス・ウルフは最近よく観るからこれからに期待だな。

こんな事言ったらアレだけどオークワフィナは無理矢理押し込まれた感じがするな。

演技が下手とか嫌いだからとかじゃなくてキャラ自体が色々微妙だった。

映画の作品としてはすっきり観られて山あり谷ありで面白かった。

 

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

3.3/5

ダニエル・クレイグ最後の007は思ったよりもシリアスで、

個人的にはもう少しバラエティというか和むところがあった方が好きかなーと思う。

でもダニエル・クレイグボンドってシリーズ通して繋がってたりするし、

元々の色としてはこんな感じだから、そこを突くのはまた違うよね。

吹替えで観たけど個人的にダニエル・クレイグ小杉十郎太なんだよなー。

藤真秀も渋くてかっこいいけどね。

あとパロマのアナ・デ・アルマスがやっぱりめちゃ可愛い。

でも出番少なすぎる。

アクションも綺麗だったし、これからさらに売れると思うんだよね。

でも吹替えが水樹奈々はちょーっとだけ違う気がする。

んでもってアストンマーチンがかっこ良かったなー。

オールディーなのもいいけど新007が乗っていたヴァンテージがカッコよかった。

改めて、ダニエル・クレイグ結構しわ増えてたなー。

ちょっと前に交代したと思ったけどもう16年も経つのか。

この前ちょっと見たトゥームレイダーにも出てたけどそれも21年前か。

007お疲れ様でした。

 

フェンス

2.3/5

毒親毒親っぷりをガンガン見せられるだけの様に感じてしんどかった。

見る世代によって感じ方は変わるかも知れないし、

この時代的にはどこの親子もこんなもんなのかも知れないけれど。

デンゼル・ワシントンだから観たけど観なくても良かったな。

 

Ray/レイ

2.5/5

なんでもかんでも難なくトントン進んでいくしサクサクしすぎてて、

これといって代わり映えしないただ長いだけの内容に感じてしまった。

メンタル面をクスリと女で補っているシーンと、演奏しているシーンばっかりの印象だった。

 

運び屋

3.6/5

安定のイーストウッド映画って感じ。

クリント・イーストウッドはいつもの偏屈爺さんでツンデレもあり。

依頼人と段々いい感じの人間関係になっていく所も最近のイーストウッド映画って感じ。

マイケル・ペーニャがやっぱり後輩っぽい感じで出てきて、そんでもってぴったりだった。

ブラッドリー・クーパーはちょっとふっくらして髭もあってピーター・ストーメア感あったな。

この二人の役はこの二人じゃなくても良かったような…。

アンディ・ガルシアは全然気が付かなかったわ。

実話ベースってのがやっぱりすごいな。

 

リミットレス

3.8/5

ブラッドリー・クーパーと相性悪いけどこれは面白かった。

オールバックのブラッドリー・クーパーってミッキー・ロークの若いころに似てるな。

俺の中で、若いミッキー・ローク≒若いブルースウィリス≒

若いピーター・ストーメア≒オールバックのブラッドリー・クーパーの式が出来上がった。

キマってる時にカラー感出るのはマトリックスに似てるね。

最後のロバート・デ・ニーロとのやり取りは嘘と計算と経験とを総動員して退けたのか、

実際に克服しているのかどっちなんだろう。